西京漬の極み「京華漬」“蔦の家” 東京都新宿区

伝統の味「京華漬」

京都で生まれた西京漬けを蔦の家独自の製法によって江戸の味へと創り上げた至高の逸品。優美な京都の味と、華の大江戸の粋の融合により誕生した魚介・肉類の味噌漬けの呼称を「京華漬」と命名しました。

蔦の家の歴史

昭和十二年創業。(西暦一九三七年)
割烹として創業した「蔦の家」は、政財界や各界の著名人のお客様よりご贔屓いただきました。
日本料理のみならず、懐石弁当や味噌漬けなどの新しい商品開発に積極的にチャレンジし多くの人気商品が誕生しました。
その後、料亭や各地の有名百貨店で蔦の家の京華漬としてご愛顧頂きますとともに、季節のご贈答用やご家庭で広くご賞味いただいております。